日本総代理店
   合資会社エクレシア
   TEL 0422-40-0344 / FAX 0422-40-0348
   sales@ekklesia.co.jp


OpTaliXについて
 OpTaliX
 機能一覧
 ファイルコンバート
 価格・発注方法
 お問合せ

ユーザ・サポート
 サポート・サービス
 セミナー
 よくある質問 (FAQ)
 バージョン履歴
 ニュースのバックナンバ

ダウンロード
 ソフトウェアとマニュアル
 カタログ

ユーザの集う掲示板
 掲示板

Optenso社サイト
 Optenso

その他の情報
 会社案内
 参考書籍
 WEB Policy
 リンク




OpTaliXニュースのバックナンバ

  No.5 : OpTaliX-Pro/Edu/LT の改訂版(Ver.5.31) がリリースされました。
 
◆◆◇
◆◇      レンズと光学多層薄膜の設計解析ソフトウェア
◇                 = OpTaliX=

◇       OpTaliX ニュース 発行元 : 合資会社エクレシア
◆             web      http://www.ekklesia.co.jp/
◇◇            email   support@ekklesia.co.jp
◆◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 No.5 : OpTaliX-Pro/Edu/LT の改訂版(Ver.5.31) がリリースされました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメイルは、OpTaliXのニュースレター No.5 です。このメイルは
OpTaliXの登録ユーザ様および配信登録をされた方にお届けしています。
今後の配信をご希望でないお客様は恐れ入りますが 件名欄か本文に
配信停止の旨をお書き添えの上、 support@ekklesia.co.jp まで返信を
お願い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


OpTaliX の Pro版、LT版 が、それぞれ Ver.5.31 にバージョンアップされま
した。英語版のリファレンスマニュアルが Ver.5.30 がバージョンアップされ
ました。これらは下記よりダウンロードできます。

   弊社web http://www.ekklesia.co.jp/
   Optensoサイト http://www.optenso.de/japan/

日本語版のリファレンスマニュアル Ver.5.30J-1 は、12月1日にリリース
予定です。リリース後は上記アドレスからダウンロードできます。


新バージョンにおける 主な改訂点は次のとおりです。


= 新機能の追加 =

・最適化アルゴリズムに大幅な改良を加えました。新アルゴリズム "アクティブ
セット付DLS法" はラグランジェの未定乗数法を内蔵することで的確かつ
緻密な等式制約条件処理を行います。また、不等式制約については、Kuhn-
Tucker条件を判定条件とすることで、複雑な不等式条件下であっても正しく
極小解を見つけ出します。今般の改良により設計プロセスにおける解の収束
 速度が著しく向上しました。また従来のアルゴリズムでは探査が困難な高度な解、
 つまり実現(製造)可能でかつ高い性能を有する解、にいっそう到達しやすく
 なりました。

・自動設計時のガラス境界をダイアログボックスから簡便に編集できるようになり
ました。

・ズーム光学系/多重構成光学系において、横収差をポジションごとに個別に表示
できます。もちろん、すべてのポジションに渡る重ね描きも従来に引き続き
 指定できます。

・中国製、および光ガラス製の光学ガラスをガラスマネージャから選択できるよう
になりました。

・CodeV の seq 形式のデータを、IN コマンド および WRL コマンドでコマンド
ラインから直接読み書きできます。

・SPS ODD (30次までの偶数/奇数混在多項式非球面) and SPS XYP (XY多項式に
よる2次元自由曲面) について、CodeVデータとの間で import export できます。

・ISO 10110 図面において、テキストのサイズを変更できます。また、各レンズ
 エレメントの大きさにあわせて、作図スケールを図面ごとに個別に設定できます。

・アレイ面の定義において X および Y 方向のアレイグリッドの範囲を制限する
ためのパラメータ AMX,AMYパラメータを指定できるようになりました。また、
 アレイセルの開口定義を通常のレンズ径の定義から分離しました。


=機能の変更、不具合修正など=

・Zernike係数が物理座標を反映した定義に変更しました。これまでは係数定義に
対する単位円の直径を常に1に正規化していました。

・非球面サグ量の可視化ツールにおける面番号表示が正しく表示されるように
修正しました。

・SPS ODD 面における 2次の非球面係数 (C3) に対応した焦点距離が正しく計算
されるように修正しました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Pro版をダウンロードされるには、アップグレード権が必要です。
 アップグレード権は、Pro版とEdu版に標準で添付されています。
 (有効期間はご購入後一年間です。更新は有償です。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:合資会社エクレシア
    http://www.ekklesia.co.jp/
    担当:三和来佳

    東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ 603
    Tel 0422-40-0344 Fax 0422-40-0348
    お問合せ support@ekklesia.co.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――
■配信停止・宛先変更はこちらまで
→ support@ekklesia.co.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright 2003 Ekklesia All rights reserved.