日本総代理店
   合資会社エクレシア
   TEL 0422-40-0344 / FAX 0422-40-0348
   sales@ekklesia.co.jp


OpTaliXについて
 OpTaliX
 機能一覧
 ファイルコンバート
 価格・発注方法
 お問合せ

ユーザ・サポート
 サポート・サービス
 セミナー
 よくある質問 (FAQ)
 バージョン履歴
 ニュースのバックナンバ

ダウンロード
 ソフトウェアとマニュアル
 カタログ
 デモ版

ユーザの集う掲示板
 掲示板

Optenso社サイト
 Optenso

その他の情報
 会社案内
 参考書籍
 WEB Policy
 リンク




レンズデータ  ファイルコンバータ機能(他ソフトとの互換性)

OpTaliXはレンズデータの変換機能を備えています。他の光学設計プログラム(Code V, Oslo, Zemax, Atmos, Modas Accos, Sigma2000 and WinLens等)との広範囲なデータ入出力変換をサポートしています。

シフト/チルト/屈折率勾配/グレーティング/特殊アパーチャ等の高度なデータ変換も可能です。しかし、各プログラムの 設計思想には違いがあるため、全てのデータが変換できるわけではありません。入力されたデータはOpTaliXにて解析/表示/変更が 可能です。変換機能はOpTaliX-LTにも備えられています。-LTはシェアウェア・ソフトですので、 ダウンロードして試用(30日間)してください。

Code V, Zemax, Oslo, Atmos, Modas, WinLens, Accos and Sigma PC/2000 との間で下表に示す項目を入出力変換できます。

凡例:   = 完全互換
NA = 適用不可
= 空欄は将来の計画項目


ACCOSとSigma2000はもはや製品として供給されないため、入力機能だけを用意しています。 またWinLensはファイル形式が頻繁に変更されるため、確定した時点で出力機能を供給します。


Sigma-PC
ZEMAX OSLO CODE-V MODAS ATMOS WinLens ACCOS Sigma2000
入力 出力 入力 出力 入力 出力 入力 出力 入力 出力 入力 出力 入力 出力 入力 出力
光学系定義
光学系の開口 (Fナンバー/NA等) 6 6 6 6
アポダイゼーション NA NA NA NA NA NA
視野 (角度,物体高,像高) 7 7 7 7
画角の重み NA NA NA NA NA NA
波長 9
波長の重み NA NA NA NA
参照波長 NA NA NA NA NA NA
注釈/表題 1 1
球面
非球面 + トーリック 8 8 8 8
チルト 5 NA NA
チルトの順番 NA NA NA NA NA
シフト 3 3 NA NA
ピックアップ (面間隔/曲率/材質/開口) NA NA NA NA NA NA
グレーティング NA NA NA NA NA NA
ホログラム NA NA NA NA NA NA
コメント,注釈 NA NA NA NA NA NA
ミラー
理想レンズ NA NA NA NA NA NA
ガラス名
アパーチャ
円形
矩形 NA NA NA NA
楕円形 NA NA NA NA NA NA
遮蔽 NA NA NA NA
複合アパーチャ NA NA NA NA NA NA
偏心 NA NA NA NA NA NA
屈折率分布
LightPath社 NA NA NA NA NA NA
Selfoc社 NA NA NA NA NA NA
GLC社 NA NA NA NA NA NA
複合分布 NA NA NA NA NA NA
その他
アフォーカル 2 2 NA NA NA NA NA NA
テレセントリック 4 NA NA NA NA NA NA
ソルブズ NA NA NA NA
アパーチャ ピックアップ NA NA NA NA NA NA
ズーム / 多重構成 NA NA NA NA 10



注記:
1 レンズ・タイトルのみ
2 ZEMAXはアフォーカル系モデルを取り扱わないため、理想レンズを追加して出力
3 ZEMAXにはZ偏心機能が無いため、ダミー面を挿入して代用
4 2枚の面を追加挿入して、テレセントリック光線を近似
5 面を追加挿入して、チルト面をモデル化
6 ATMOSとMODASは第1面で定義された入射瞳だけを認識
7 ATMOSとMODASは物体空間での最大画角だけをサポート
8 ATMOSとMODASはトーリック面のサポート無し
9 WinLensは5波長のみサポート
10 WinLensは4つのズームポジションのみサポート