日本総代理店
   合資会社エクレシア
   TEL 0422-40-0344 / FAX 0422-40-0348
   sales@ekklesia.co.jp


OpTaliXについて
     概要
     ノンシーケンシャル面
     アパーチャ
     屈折率分布
     ホログラム
     ズーム
     アレイ面
     フレネルレンズ
     ライトパイプ
     幾何光学的解析
     波動光学的解析
     干渉縞
     物理光学
     光ファイバ
     最適化
     ユーザー定義グラフ
     ガラス・マネージャ
     コーティング
     マクロ言語
     ISO図面
     面デフォメーション
     ゴースト解析
 機能一覧
 ファイルコンバート
 価格・発注方法
 お問合せ

ユーザ・サポート
 サポート・サービス
 セミナー
 よくある質問 (FAQ)
 バージョン履歴
 ニュースのバックナンバ

ダウンロード
 ソフトウェアとマニュアル
 カタログ
 デモ版

ユーザの集う掲示板
 掲示板

Optenso社サイト
 Optenso

その他の情報
 会社案内
 参考書籍
 WEB Policy
 リンク




アレイ面 / アレイエレメント

光学エレメントを規則的な格子状に配置できます。 すなわち、ある面のローカル座標に対して所望のX/Y間隔で 繰り返し配置します。OpTaliXで指定できるあらゆるタイプの面をアレイ化できます。下記のような例があります。

a)フレネルレンズ アレイ
b)球面レンズ アレイ
c)GRIN ロッド アレイ
d)三角面 アレイ





球面レンズアレイの波面プロット:
アレイを構成する個別のエレメントをまたいでアレイ全面が1枚の基板面として扱われています。 アレイに対するアパーチャは、基板に対して定義されるので、周辺のエレメントはその輪郭に沿って 部分的にクリッピングされます。