日本総代理店
   合資会社エクレシア
   TEL 0422-40-0344 / FAX 0422-40-0348
   sales@ekklesia.co.jp


OpTaliXについて
     概要
     ノンシーケンシャル面
     アパーチャ
     屈折率分布
     ホログラム
     ズーム
     アレイ面
     フレネルレンズ
     ライトパイプ
     幾何光学的解析
     波動光学的解析
     干渉縞
     物理光学
     光ファイバ
     最適化
     ユーザー定義グラフ
     ガラス・マネージャ
     コーティング
     マクロ言語
     ISO図面
     面デフォメーション
     ゴースト解析
 機能一覧
 ファイルコンバート
 価格・発注方法
 お問合せ

ユーザ・サポート
 サポート・サービス
 セミナー
 よくある質問 (FAQ)
 バージョン履歴
 ニュースのバックナンバ

ダウンロード
 ソフトウェアとマニュアル
 カタログ
 デモ版

ユーザの集う掲示板
 掲示板

Optenso社サイト
 Optenso

その他の情報
 会社案内
 参考書籍
 WEB Policy
 リンク




ゴースト解析

OpTaliXは、ゴースト解析のための光路を自動的に生成する機能をもっています。これはOpTaliX独自の "光線逆進アルゴリズム" に基づくものです。これからはユーザが逐一、ゴースト光路を設定する 必要はありません。OpTaliXをお使いになれば、顕著なゴーストを発生させるレンズ面の組み合わせを迅速に 見つけられます。ゴースト現象に関する説明は、下記ゴースト/ゴースト解析とはを ご覧ください。


通常の光線追跡

ゴースト解析



GRINレンズのゴースト光線追跡: 下図はラディアルGRINレンズ(SelfocTMロッド) におけるゴースト光線追跡の例です。最初の反射が 第3面で生じ、2回目の反射が第2面で生じます。GRINレンズの場合も、ゴースト解析を即座に実行できます。



参考)ゴースト/ゴースト解析とは: 光学系に入射した光束のうちいくらかは、いずれかのレンズの表面で反射し、再び別の面で反射して結像面の 近傍に明瞭な像を形成します。 その程度は良好な反射防止膜の場合1面あたり、0.3%から1%ですが、反射防止膜の ない場合にはレンズ材料の屈折率にもよりますが、1面あたり3%から9%にもおよびます。レンズ内面の繰り返し 反射によって、像面には "設計では意図していない偽の像"が現れることが あります。 これを "ゴースト" と呼んでいます。
ゴーストの原因となりうる面の組合せ(ゴーストパス)の数は、光学系のレンズ面の数を n とすると、  n(n-1)/2 となります。例えば、10枚のレンズ(20面)で構成されるズームレンズの場合、 その可能性は190にもおよびます。 面の数が増えるとゴーストパスの数は、さらに著しく増加します。 どのパスの影響が大きいかを、解析作業なしに知ることはできません。
最も原理的には、表面反射や、それによる光線の逆進光路に沿って、逐一レンズ面を設定し、光線追跡を しなくては なりません。しかし、これでは多大な労力を要します。OpTaliXのゴースト解析機能は、 このような労力を割かなくとも、 自動的にゴーストパスを内部生成し、即座に光路図を描画します。