日本総代理店
   合資会社エクレシア
   TEL 0422-40-0344 / FAX 0422-40-0348
   sales@ekklesia.co.jp


OpTaliXについて
     概要
     ノンシーケンシャル面
     アパーチャ
     屈折率分布
     ホログラム
     ズーム
     アレイ面
     フレネルレンズ
     ライトパイプ
     幾何光学的解析
     波動光学的解析
     干渉縞
     物理光学
     光ファイバ
     最適化
     ユーザー定義グラフ
     ガラス・マネージャ
     コーティング
     マクロ言語
     ISO図面
     面デフォメーション
     ゴースト解析
 機能一覧
 ファイルコンバート
 価格・発注方法
 お問合せ

ユーザ・サポート
 サポート・サービス
 セミナー
 よくある質問 (FAQ)
 バージョン履歴
 ニュースのバックナンバ

ダウンロード
 ソフトウェアとマニュアル
 カタログ
 デモ版

ユーザの集う掲示板
 掲示板

Optenso社サイト
 Optenso

その他の情報
 会社案内
 参考書籍
 WEB Policy
 リンク




ガラス図表とガラスマネージャ

使用する光学ガラスは、いくつかの特徴 (主分散、部分分散、ブーフダールのクロマティック座標、波長域等) に関するガラス特性図表を参照して選択できます。スプレッドシートエディタを用して、新しい (ユーザ定義) ガラスや材料をガラスカタログに追加することができます。Schott、オハラ、HOYA、住田、Cargilleおよび LightPath各社のレンズカタログが用意されています。さらに、追加カタログには多数の赤外材料や プラスティック材料も用意されています。

ガラスマップ:
ガラス製造会社のガラスが、 主分散(アッベ数)と屈折率に関してプロットされます。
ガラスマップ:
アッベ数の代わりに、線形分散スケール (nF - nC) に関してプロットされます。
部分分散:
数種類の波長域(VIS, NIR, MIR, TIR)に対する部分分散がプロットされます。また下図のように ブーフダールのクロマティック座標でも表示できます。
ブーフダール部分分散:
光学ガラスの分散特性をブーフダールのクロマティック座標h1h2でプロットします。これはアポクロマート設計における材質選択に 有用となります。
GradiumTM分布:
GradiumTM 材質の屈折率分布を、軸上位置と波長の関数としてプロットします。


ガラスカタログ:
屈折率補間係数、線膨張率、CTE、透過率などのガラスデータを表示して編集します。ほとんど全ての重要な ガラス製造会社のデータが含まれています。