日本総代理店
   合資会社エクレシア
   TEL 0422-40-0344 / FAX 0422-40-0348
   sales@ekklesia.co.jp


OpTaliXについて
     概要
     ノンシーケンシャル面
     アパーチャ
     屈折率分布
     ホログラム
     ズーム
     アレイ面
     フレネルレンズ
     ライトパイプ
     幾何光学的解析
     波動光学的解析
     干渉縞
     物理光学
     光ファイバ
     最適化
     ユーザー定義グラフ
     ガラス・マネージャ
     コーティング
     マクロ言語
     ISO図面
     面デフォメーション
     ゴースト解析
 機能一覧
 ファイルコンバート
 価格・発注方法
 お問合せ

ユーザ・サポート
 サポート・サービス
 セミナー
 よくある質問 (FAQ)
 バージョン履歴
 ニュースのバックナンバ

ダウンロード
 ソフトウェアとマニュアル
 カタログ
 デモ版

ユーザの集う掲示板
 掲示板

Optenso社サイト
 Optenso

その他の情報
 会社案内
 参考書籍
 WEB Policy
 リンク




ホログラフィック(HOE)面 / 回折面

ホログラフィック(HOE)面は回折面の一種です。その光学特性は、光線通過点における局所的な格子間隔で 記述されるグレーティングの回折を基本に議論されます。OpTaliXでは次のホログラフィック面を扱えます。
  • 格子定数がグレーティング面全体に渡って一様な線形グレーティング
  • 格子定数がグレーティング面の位置に依存するVLS(Variable Linear spacing)グレーティング
  • 2つのビームの干渉によって生成される、光学的ホログラム
  • ユーザ指定の回転対称性を持つ計算機ホログラム(CGH / Computer Generated Hologram)
  • ユーザ指定の非対称な2次元位相分布を持つ計算機ホログラム(CGH / Computer Generated Hologram)
  • スウェットモデル(高屈折率法による回折素子モデル)
2点 ホログラム:
このタイプのホログラフィック面は、2つの点光源(すなわち2つの球面波、あるいは平面波)による 干渉パターンによって生成されます。

位相マップ:
ユーザ指定の対称/非対称位相関数を、2 p範囲に畳み込んだ位相分布図 として表示できます。
Sweattモデル:
屈折率をが無限大になるという極限をとると、回折レンズは数学的に薄肉の屈折レンズと等価になります。 実際の計算にあたっては十分に高い屈折率(n=1000)を用います。このモデルは一般的に"Sweatt"モデル として知られています。
左図は、回折レンズとしてSweattモデルを使用したFθスキャンレンズの例です。
回折ゲルマニウムダブレット:
8-12μmの波長領域で、色補正されたF/1.0 の光学系です。1面は非球面で、第2面は対称位相関数で 表現されたCGH面を持ちます。